2015年01月12日

ボーダーライン

娘の学校は、新人戦をWスコアで快勝しました。
娘はベンチメンバーの残り2席を先輩と争っていて、ギリギリの所で先輩に奪われてしまいました。
戦力的には、娘の方が上らしいので、先輩の今までの頑張りを評価した先生の温情だと思います。
部活動には、保護者の支援が欠かせないので、そう言った配慮も必要になってくるのでしょう。

娘は、ベンチメンバーに選ばれなかった事をさほど気にした様子はありませんでしたが、他の1年生で自分が選ばれると思っていた子は、泣き出したりして大変だったようです。
しかし、問題なのは残り2席を争うと言うボーダーライン上にいたからだと言うことです。
誰しもが目指しているのは、ベンチメンバーではなく、スタメンのはずです。
そうであれば、ベンチメンバーに選ばれると言うことは、当たり前にならなければいけないのです。
ボーダーライン上にいるくらいの実力でいるからこそ、涙を流すことにもなるのです。
このままの状態であれば、スタメンなど手が届くはずはありません。
厳しい事を言うようですが、スタメン争い、ポジション争いは競争なのです。
実力で勝っていれば、選ばれないと言うことはないはずです。

普段から、練習しているのはみんな同じことです。
それだけをしているのであれば、差が縮まる事は難しいでしょう。
みんなが休んでいる時にどれだけ陰で努力するかが生きてくるのです。
高校バスケにもなってくると、中学までの実績である程度の差がつけられてしまいます。
ジュニアオールスターに選ばれた子や県大会優勝の実績を残した子などは、入部した時点で、すでにスタメンに近い位置にあると言えます。
あとは、同じ練習をこなしながら、如何にその差を縮めるかです。
学校によっては、スタメン候補とは練習メニューすら異なる場合もあるので、なかなか難しいのが現実です。

しかし、子供の才能は、無限の可能性を秘めています。
中学校まで無名でも、高校で才能を開花させる子もいます。
それには、普段の練習だけでなく、休みの日にも努力を欠かさないことが必要になってくると思います。

うちの娘も今回は、先輩に譲ったベンチメンバーの席ですが、期待の新入生が入ってくれば、あっさりその子に奪われる可能性が高いです。
今のまま、ボーダーライン上にいるようではダメなのです。
もっともっと、高みを目指して努力して欲しいと思います。

posted by 素人親父 at 19:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 素人親父流指導論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにそうです!!目指すなら上を!!この話を娘にふってみたところ、目指せベンチいりなんて私は思ってましたが、娘は違います、やるならスタメンを!!という気持ちを持っているようで、少し安心しました(笑)
中学までの経歴である程度決まってしまう…という話もよく聞きます!!けど娘の進学予定の顧問の先生はスタートラインは皆同じだからといってくださいました(*^^*)娘も頑張ってくれるはずです、少し前を行く素人親父さんの娘さんもきっと頑張ってくれるはずです♪
夏の全国総体でお会いできること楽しみにしてます♪
Posted by のあのあ at 2015年01月16日 17:45
のあのあさん>
いつもコメントありがとうございます^^
娘さん、志を高く持っているようですね!!
素晴らしいです!
イイ学校に進まれるようで、成長が楽しみですね^^
夏の全国総体でお会いできる事を楽しみにしています!
Posted by 素人親父 at 2015年01月17日 07:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。