2015年04月13日

初顔合わせで勝てるチームこそ真に強いチーム

ミニバスの場合、練習試合よりもワンデイカップなどに出て強化する方針が一般的ですが、中学バスケや高校バスケになると公式戦の他は練習試合で何チームかで集まって試合をするケースがほとんどだと思います。
そんな状況で、真に強いチームは、初顔合わせで勝ち切る力があるチームです。

中学バスケや高校バスケでの練習試合では、初顔合わせこそが最重要なのです。ここで、しっかり勝ち切るチームでなければ、公式戦のトーナメントを勝ち抜く力は着きません。
何度か、マッチアップしているうちに、次第に相手にアジャストしてきて互角以上の試合ができるチームがあります。こういったチームは、公式戦ではスロースターターで、1Q、2Qはリードされる展開になるでしょう。後半に追い上げるものの、強敵相手には思うように追い上げができず、負けてしまうことがあるのです。

練習試合では、初顔合わせである程度お互いの力量が解ると、メンバーを落として経験を積ませる場合もあります。そのために、ベストメンバーで戦える初顔合わせこそが重要なのです。

今、娘のチームでは、練習試合で勝ち切れない日々が続いています。このまま、今月末から始まる公式戦に臨めば、決勝トーナメント進出どころか、トーナメントの途中で格下相手に金星を献上してしまうことでしょう。
目標は、決勝トーナメント進出ではなく、その先を見ているはずです。もっと危機感を持たなければ、強豪ひしめくトーナメントを勝ち抜くことは出来ないでしょう。

posted by 素人親父 at 20:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 高校バスケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バスケの騒音馬鹿どもをなんとかしろ!!!
Posted by at 2018年05月14日 23:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。